地域の宝を次世代に引き継ごうと、大和町川上校区の大久保自治会と老人クラブ長寿会が地元に眠っていた古今の歌人「三十六歌仙」の絵馬を“復元”した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加