派遣労働者受け入れ期間の上限廃止を柱とした労働者派遣法の改正阻止に向け、連合佐賀(相川司会長)は25日夜、「労働者保護ルール改悪阻止行動開始宣言集会」を佐賀市内で開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加