佐賀県が20年以上の歳月をかけて開発したミカンの新品種「にじゅうまる」がデビューし、販売も始まった。当初から開発に携わった松尾洋一・県農業大学校教授(57)にこれまでの道のりや展望などを聞いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加