ゴールデンウイーク(4月26日~5月6日)期間中、佐賀県内の主な行楽地の人出は164万人だった。前半が飛び石連休で雨模様だったことが影響し、前年より13万8千人減少した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加