佐賀県などの住民らでつくる「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」(石丸初美代表)が九州電力に対して、玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の運転差し止めを求めた訴訟の判決で佐賀地裁(達野ゆき裁判長)は12日、原告側の請求を退けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加