表彰状を受け取った市ラムサール条約推進協議会の宮崎憲治会長(左から2人目)と古枝小の児童ら=鹿島市役所

 地球の未来のため温暖(おんだん)化対策(たいさく)に貢献(こうけん)している団体(だんたい)へ贈(おく)られる「佐賀県(さがけん)『ストップ温暖化』県民運動功労者表彰(ひょうしょう)」を鹿島市(かしまし)内の2団体が受賞しました。環境(かんきょう)教育を実践(じっせん)する古枝(ふるえだ)小と有明海沿岸(えんがん)のヨシを堆肥(たいひ)化している市ラムサール条約推進(じょうやくすいしん)協議会(宮崎憲治会長)が受賞しました。
 古枝(ふるえだ)小は「エコチャレンジ」に取り組んでいます。2020年度は、4年生が段(だん)ボールコンポストを使い、家庭で出た生ごみから堆肥(たいひ)を作った。各家庭でもコンポストを利用して、ごみの減量(げんりょう)化を目指しています。市ラムサール条約推進(じょうやくすいしん)協議会は、ヨシを堆肥化して地域(ちいき)の農作物栽培(さいばい)に活用しています。
 1日、鹿島(かしま)市役所で伝達式が開かれ、関係者が樋口久俊市長から表彰状を受け取りました。
 この他、本年度の受賞団体は、武雄市橘町婦人会、小城高、八幡町を美しくする会(唐津市)、太良町森林組合。(5日付17面・中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加