県産露地ミカンの出荷の皮切りとなる極早生ミカンの出荷が、鹿島市と太良町で始まった。今年は夏の長雨と日照不足の影響でやや低糖気味だが、JA関係者は「酸も低く、食べやすいミカンに仕上がっている」と話す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加