ベストアメニティの内田弘会長兼社長(前列左から4人目)から雑穀米などを受け取った鳥栖の選手たち=鳥栖市の北部グラウンド

 食の力でチームをサポートしようと、雑穀米の製造・販売などを手掛ける「ベストアメニティ」(福岡県久留米市)が11日、サガン鳥栖の選手、スタッフに雑穀米など2製品を贈った。

 今回贈られたのは、16種類の穀物がブレンドされ豊富なタンパク質が摂取できるスポーツ雑穀米と、ドリンクに混ぜて手軽に栄養補給ができる雑穀パウダー。

 鳥栖市の北部グラウンドで贈呈式があり、ベストアメニティの内田弘会長兼社長は「フルパワーを続けられるよう継続して摂取してもらい、体内から支えていければ」と話した。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加