佐賀県は11日、新たに5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。10日に陽性者として公表していた1人を偽陽性だったとして取り下げた。クラスター(感染者集団)が発生しているカラオケ喫茶関連の感染者は10、11日の2日間で6人増え、県内外で計81人になった。県内の感染確認は延べ1130人。

 11日に公表した5人のうち、兵庫県の20代男性を除いた鳥栖市の60~70代女性3人と三養基郡基山町の60代男性の計4人がカラオケ喫茶関連だった。

 10日に陽性を確認した11人のうちカラオケ喫茶関連は2人。このほか、8日に感染が分かった小城市の男子小学生が通う習い事に関連し、市内の男子小学生2人と、うち1人の40代母親の陽性が判明した。東松浦郡玄海町では8日に感染が分かった60代男性の知人である40~70代の男女3人の感染を確認した。それぞれ関係する小学校や職場などの調査を進めている。

 県はクラスターが発生し店名を公表した三養基郡みやき町簑原の「カラオケサロン みのちゃん」の営業日を訂正した。正しくは2月は通常営業し、3月は4~7日に営業していた。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加