店主らの画像が並ぶ「有田人」のトップページ画面の一部。クリックすると、各店の詳細な情報が見られる

店主らの画像が並ぶ「有田人」のトップページ画面の一部。クリックすると、各店の詳細な情報が見られる

店主らの思いと商品を紹介した有田観光協会サイト内の「有田人」のバナー

 有田観光協会は、加盟する店の歴史や店主らの思い、商品に至るまでを網羅した「ARITAJIN(有田人)」をウェブサイト内で紹介している。現在88店舗分を掲載しており、トップページの店主らの顔画像をクリックすると、画像をふんだんに使った店の情報を見ることができる。

 コロナ禍で観光客らが直接来る機会が減った中、加盟店の情報発信をしようと、同協会スタッフが約1年前から取材を始めた。現在は陶磁器販売店や商社、窯元などの焼き物関係を中心に、観光農園や鍼灸(しんきゅう)院もある。

 店主の人となりや店の歴史、店作りの特徴、作品や取り扱う器などに込めた思いを紹介している。同協会によると、先日開いたオンラインガイドツアーの参加者から、新しい店がアップされるのを楽しみにしているとの声があった。「他の店のことが分かるようになり、店作りの参考になった」という加盟店もいるという。

 同協会には約250店舗が加盟しており、順次掲載店を増やしていく予定。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加