職場や地域で活躍する女性や、女性の活躍を支える団体などを表彰する佐賀県の「佐賀さいこう表彰(女性活躍推進部門)」が5日、県庁で開かれた。佐賀大ダイバーシティ推進室の荒木薫副室長ら4人と1団体に表彰状が贈られた。

 表彰式で山口祥義知事は「これからも一緒になって『佐賀さいこう』と言えるような地域をつくっていきたい」と述べ、受賞者をたたえた。本紙「ろんだん佐賀」の2020年の執筆者でもある荒木薫さんは「ダイバーシティはまだ理解が浅いので、当たり前になるような社会をつくりたい」と話し、受賞を喜んだ。

 表彰は女性の活躍を後押ししようと2017年度から始まり、今回で4回目となった。(岩本大志)

 他の表彰者は次の通り。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加