業務内容などを学生に説明する採用担当者=佐賀市のホテルマリターレ創世佐賀

 2022年春卒業予定の学生らを対象にした合同企業説明会「さが就活ナビ 企業研究セミナー」(佐賀新聞社主催)が11日、佐賀市のホテルマリターレ創世佐賀で開かれた。県内の51企業・団体が出展。新型コロナウイルスの影響で地元志向が高まる中、県内就職を考える学生らが担当者の話に熱心に耳を傾けた。

 県内外の大学や短大などに通う学生ら約200人が参加した。新型コロナの感染拡大防止のため、ブースには飛まつ防止の透明シートを設置。来場者はマスクを着用し、検温や手指のアルコール消毒を行って入場した。

 会場では、情報通信やIT機器販売、官公庁などのブースに多くの学生が集まった。新型コロナの影響で学生優位の売り手市場に変化が生じているとの見方が広がる中、人手不足に悩む業種の採用担当者は、一人でも多くの学生に興味を持ってもらおうと自社の働きやすさをアピールした。

 新型コロナの影響で昨春以降、東京を離れて嬉野市の実家でオンライン授業を受けているという女子大学生(21)は「オンラインでの就職活動が増えており、対面で話が聞けるのはありがたい。不安しかないが、自分に合った職場を見つけたい」と話していた。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加