自分の能力に適した競技を見つけるためのスポーツ体験会「サガスターズ」。参加者を募集している(県提供)

 自分の能力に適した競技を発見するスポーツ体験会「サガスターズ」が28、29の両日、武雄市や佐賀市で開かれる。県内の中学生が対象で、ホッケーやライフル射撃などが体験できる。

 各個人の能力がより生かせる競技への転向を考えてもらおうと県が企画。2024年に県内で開かれる国民スポーツ大会に向けた選手育成の狙いもある。

 トップアスリートの自転車(ロード)の牧瀬翼さん=伊万里市出身=や元サッカー日本代表の本並健治さんらが、パネルディスカッションを行う。参加者にも直接指導する。

 28日は武雄市の白岩体育館でホッケーやボートなど、29日は佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でボクシングやライフル射撃などの体験を実施する。80種目から適性種目を判定する測定器「Digsports(ディグスポーツ)」でスポーツ能力測定もある。県の担当者は「適した競技を見つけ、活躍の場を広げる手伝いができれば」と参加を呼び掛けている。

 各会場とも県内の中学生50人と、保護者や指導者ら100人を募る。参加無料。サガスターズのホームページから応募でき、21日まで受け付ける。問い合わせは佐賀新聞サービス内事務局、電話0952(37)8883。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加