鳥栖-仙台 前半、先制点を決める鳥栖FW山下敬大=鳥栖市の駅前不動産スタジアム(撮影・鶴澤弘樹)

鳥栖-仙台 前半終了間際、相手PKに飛び付く鳥栖GK朴一圭(中央奥)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第3節の10日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムでベガルタ仙台と対戦し、5-0で大勝した。開幕3連勝はJ1昇格10年目で初めて。

 鳥栖は前半5分、DFエドゥアルドの縦パスをFW林が触ってコースを変え、抜け出したFW山下のシュートでゴールネットを揺らした。一度はオフサイドと判定されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入でゴールが認められた。

 25分にはCKから、ゴール前の混戦でこぼれたボールをエドゥアルドが決めて追加点。39分にはMF小屋松が左サイドからミドルシュートを決めて突き放した。

 鳥栖は後半も攻撃の手を緩めず、11分に左サイドのDF中野からのクロスをMF樋口が頭で合わせて4点目。ロスタイムには途中出場のMF酒井がゴールを決めた。

【関連記事】

【速報】サガン鳥栖、前半3―0で仙台をリード 山下、エドゥアルド、小屋松がゴール

【速報】サガン鳥栖、仙台戦スタメン発表

サガン応援メッセージ きょうホームで仙台戦、狙え開幕3連勝!

サガン鳥栖、初の開幕3連勝へ勢い 10日、ホームで仙台戦

このエントリーをはてなブックマークに追加