佐賀市農産物フェア(同市主催)が13、14の両日、駅前中央のコムボックス佐賀駅前で開かれる。市内の8事業者が生産した旬の野菜、加工品を販売する。

 ラムサール条約に登録された東よか干潟の近くで減農薬で栽培している「シギの恩返し米」、サラダタマネギ、はねニンニク、キャベツなどが並ぶ。大根の昆布漬け、ショウガシロップ、ロールキャベツ、海苔(のり)ドレッシングなど加工品もある。

 13日は午後1時~同5時、14日は午前10時~午後5時。購入者に野菜や加工品が当たる抽選会も予定する。

 フェアは地元農作物の魅力を知ってもらおうと昨年から開き、今回で4回目となる。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加