九州労働金庫佐賀県本部の青栁直本部長(右)から、助成金の目録を受け取る市民活動団体の関係者=佐賀市のホテルグランデはがくれ

 「九州ろうきん佐賀地区NPO助成フォーラム」が9日、佐賀市のホテルで開かれ、子どもの学習支援などに取り組む県内の8団体に計210万円の助成金を贈った。

 フォーラムでは、九州労働金庫佐賀県本部の青栁直本部長が「少しでも今後の活動の発展に貢献できたら幸い」とあいさつし、目録を手渡した。各団体の代表者から活動報告もあった。

 助成制度は特定非営利活動促進法で認証されている20分野の活動が対象で、17回目。本年度は県内28団体から応募があった。九州全体では67団体に総額1560万円を助成する。(大橋諒)

 県内の助成団体は次の通り。

 スタディサポートgreenbook(佐賀市)▽市民ネットワーク「いまり」(伊万里市)▽菜菜(武雄市)▽スマイルキッズ(佐賀市)▽外国にルーツを持つ生徒交流を支援する会(同)▽消費生活相談員の会さが(同)▽フレンドハウス(唐津市)▽唐津市放課後児童支援員会(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加