小城市の陶彩画家矢山昭子さん(30)の作品展が、佐賀市大和町の「そば処いち」併設ギャラリーで開かれている。絵付けを重ねながら何度も焼成する「陶彩画」独特の絵肌で、擬人化した猫を愛らしく描いている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加