バレーボール女子の世界クラブ選手権は8日、スイスのチューリヒで行われ、1次リーグB組でアジア代表の久光製薬スプリングス(鳥栖市)はカザニ(ロシア)に1-3で敗れ、2連敗で1次リーグ敗退が決まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加