清塚信也さん

コシノジュンコさん

笠井信輔さん

Web決済用QRコード

 佐賀新聞社のメンバーズクラブ「新しい扉 Begin(びぎん)」の2021年度講師が決まった。ピアニストの清塚信也さん、デザイナーのコシノジュンコさん、アナウンサーの笠井信輔さんの3氏で、佐賀市文化会館を会場に知的で心豊かに暮らすヒントなどを語る。継続会員は9日から、新規会員は4月3日から受け付ける。

 第1回講座(6月20日)の清塚さんは、5歳からクラシックピアノの英才教育を受け、国内外で数々の受賞歴がある。近年はテレビのバラエティー番組に出演するなどマルチピアニストとして活動している。当日は本格的なピアノリサイタルを楽しいおしゃべりとともに届ける。

 第2回講座(10月30日)のコシノさんは、新人デザイナーの登竜門の装苑賞を最年少の19歳で受賞した。中国や米国、キューバなどでファッションの枠を越えて日本文化を発信している。「出会いはクリエイティブ」のテーマで話す。

 第3回講座(2022年2月13日)の笠井さんは、民放の朝の情報番組を20年間担当。19年にフリーアナウンサーになったが、直後に血液のがんが判明、4カ月半の闘病生活を送った。「がんが教えてくれた『生きる力』」と題して語る。

 年会費は個人5千円、ペア9千円。高校生以上が対象で定員1800人(先着順)。現会員は新聞社窓口、現金書留、銀行振り込み、ウェブ決済で申し込む。27日の20年度第3回講座会場でも受け付ける。4月9日までに継続入会すると、抽選で商品券や佐賀牛、映画鑑賞券などを贈る。

 申し込み、問い合わせはBegin事務局、電話0952(28)2142(平日午前9時半~午後5時半で、4月3日の土曜は受け付ける)。(石黒孝)

このエントリーをはてなブックマークに追加