大坂なおみ

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は「国際女性デー」の8日、女子テニスの大坂なおみが寄せた談話を紹介し、同選手は「コート外での情熱の一つは、世界中の若者を支援して力づけること。若い女性(と男性)に支援があると示すためにも、できる限りのことをしたい」と意欲を語った。大坂は昨年、女子のスポーツ参加を促すアカデミーを設立した。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会会長に橋本聖子氏が就任したことにも言及。「日本、世界中の女性にとって重要な瞬間。大きな夢を持つ若い女の子が、何でも可能だと知るための刺激になれば」と歓迎した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加