5日に急逝した桃崎峰人佐賀県議会議長の葬儀。議員野球などでエースとして活躍しユニホームも飾られた=唐津市鏡の公善社斎場パインフィールド・ホール

 佐賀県議会議長で5日に71歳で亡くなった桃崎峰人さんの葬儀が8日、唐津市鏡の公善社斎場パインフィールド・ホールでしめやかに営まれた。300人以上が参列し、農業振興をはじめ、唐津地区や県政の課題に尽力してきた功績、おおらかな人柄をしのんだ。

 県議会を代表し岡口重文副議長が「大きな課題を抱える中、今こそ卓越した識見を拝聴しないといけないのに、かなわず悔やまれてならない」と声を震わせ、議員野球のエースとして全国大会で活躍した姿も振り返った。山口祥義知事は桃崎さんが1月に長女を亡くしていたことに触れ「自身の悲しみは表に出さず、コロナ禍の厳しい局面を乗り越えていくために、行司役として議会をまとめていただいた」と感謝し、突然の別れを惜しんだ。

 会場には菅義偉首相や自民党幹部、九州の各議会や野球関係者、相撲連盟などからの多くの弔花が飾られた。(辻村圭介)

このエントリーをはてなブックマークに追加