結婚式場運営のアイ・ケイ・ケイ(伊万里市、村田裕紀社長)が8日発表した2020年11月~21年1月期連結決算は、売上高が前年同期比55・2%減の19億円、経常損益が4億4800万円の赤字(前年同期は1400万円の黒字)だった。

 主力の婚礼事業は新型コロナウイルスの感染拡大のあおりを受けて、挙式や披露宴の延期などが増えた。

 21年10月期の連結業績予想は新型コロナの影響で算定することが困難として公表を見送っている。(志波知佳)

このエントリーをはてなブックマークに追加