■成果生かす仕組み手探り 都市部から移住し地域活性化に携わる「地域おこし協力隊」の佐賀県内初の隊員、和田翔さん(30)が9月末で任期の3年を終える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加