滝野中学校を卒業した幸松彩夢さん(左)と小学校を卒業した加賀良真子さん=伊万里市東山代町

在校生に言葉を掛ける卒業生の幸松彩夢さん(右)=伊万里市の滝野小中学校

 伊万里市東山代町の滝野小・中学校で5日、卒業式が開かれた。山あいの小さな学校からは小中学生1人ずつが巣立っていき、楽しい日々を過ごした先生や在校生たちに感謝の思いを伝えた。

 同校の児童生徒数は小学生10人、中学生7人。市教育委員会が少子化に合わせた学校再編を進める中、2022年4月に東山代小、国見中と統合することが決まっている。校舎はあと1年で廃校になる。

 式では小学6年の加賀良真子さん、中学3年の幸松彩夢(あやめ)さんに卒業証書が手渡され、北原成之校長と在校生が「新しいステージでも頑張って」とはなむけの言葉を贈った。

 加賀良さんと幸松さんは在校生一人一人と先生、家族に向けた手紙を読み上げた。幸松さんは感謝の言葉とともに、在校生に「滝野校の最後の1年をみんなで盛り上げ、悔いのないように過ごしてください。心から応援しています」とエールを送った。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加