オンライン方式で記者会見する中国の王毅国務委員兼外相=7日、北京(共同)

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は7日記者会見し、香港や新疆ウイグル自治区などを巡って対立する米国が「民主や人権を旗印に他国の内政に干渉し、世界に多くの面倒を引き起こし、戦乱の根源となってきた」と非難した。「(中国の)核心利益が侵害されるのを断じて許さない」ともけん制。一方、双方は協力すべきだとし、バイデン政権に対話を呼び掛けた。

 中国海警局に外国船舶への武器使用を認めた海警法は「特定の国を対象にしたものではない。国際法に合致している」と正当化。海警法に類似した法規は日本を含む多くの国が施行していると主張した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加