三菱電機戦で攻め込むデンソーの高田(右)=豊田市総合体育館((C)Wリーグ)

 バスケットボール女子Wリーグのプレーオフは7日、愛知県の豊田市総合体育館で準々決勝が行われ、東地区2位の富士通は西地区4位のトヨタ紡織を72―57で下し、西地区2位のデンソーは同3位の三菱電機を66―54で振り切った。

 14日に始まる2戦先勝方式の準決勝で富士通は西1位のトヨタ自動車、デンソーは東1位のENEOSと対戦する。

 富士通は3点シュートを要所で決めて突き放した。デンソーは最終クオーターに高田が攻守で奮闘し、逃げ切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加