鳥取県境港市で開かれた水木しげるさんの「生誕99年」を祝うイベントで、ポーズをとる「鬼太郎」姿の平井伸治知事(手前左)と「ねこ娘」姿の伊達憲太郎市長(左奥)=7日午後

 2015年に亡くなった漫画家、水木しげるさんの「生誕99年」を祝うイベントが7日、出身地の鳥取県境港市の「水木しげる記念館」で開かれた。水木さんは3月8日が誕生日。市民らが集まり、ファンの一部は「鬼太郎」や「ねずみ男」の仮装姿で祝った。

 イベントは鳥取県と境港市が17年から開催。平井伸治知事は、頭に「目玉おやじ」を乗せた鬼太郎のコスプレ姿で登場。「ねこ娘」に扮した伊達憲太郎市長とともにお祝いの煎餅を来場者にふるまった。

 例年、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の声優や東京都調布市に住む水木さんの遺族が出席するが、今年は新型コロナ感染拡大のためオンラインで参加した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加