県産業廃棄物協会は、佐賀市の鍋島小学校で環境問題についての特別授業を行った。4年生の児童約135人が、ごみの資源化などについて理解を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加