新阿蘇大橋が完成し開かれた式典であいさつする蒲島郁夫熊本県知事(中央)=7日午前、熊本県南阿蘇村

 開通した新阿蘇大橋(手前)。奥は2016年の熊本地震で大規模に崩壊した斜面=7日午後、熊本県南阿蘇村(共同通信社ヘリから)

 2016年4月の熊本地震で崩落した阿蘇大橋に代わる新阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)が7日、開通した。地震から約5年ぶりに橋が架かり、被災した主要道が全て復旧した。

 新大橋は全長525メートルで、旧大橋の約600メートル南側に架けた。強い揺れでボルトが破断し、橋桁がずれるよう設計。ずれて揺れの力を逃がし、橋脚の損傷や崩落を防ぐ効果があるという。

 開通を待って数百メートルの列を作っていた車は、午後3時の開通後、次々に橋を渡った。橋を見渡せる高台に集まった近くの住民らからは「おめでとう」や万歳の声、拍手が上がった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加