横断旗を手渡したJA共済連の大串成幸本部長(左)と受け取った県交通安全協会の坂井邦夫会長=佐賀市のグランデはがくれ

 交通事故防止に役立ててもらおうと、JA共済連佐賀が横断旗720本を県交通安全協会に寄贈した。登下校する児童の見守り活動などに活用する。

 JA共済連佐賀は2008年から交通安全資材の寄贈を続けており、これまでに横断旗9800本、反射ベスト2870着を提供してきた。

 1日に佐賀市のグランデはがくれで贈呈式があり、JA共済連佐賀の大串成幸本部長が県交通安全協会の坂井邦夫会長に手渡した。大串本部長は「交通安全啓発活動にご活用いただけたら」と話した。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加