SDGsの目標達成に向け、各分野の専門家とオンラインで意見を交わした龍谷中の生徒たち=佐賀市の同校

 「持続可能な開発目標(SDGs)」をテーマに、龍谷中(佐賀市)の3年生18人が、各分野の第一線で活躍する専門家とオンラインで対談する催しが5日、同校であった。飢餓撲滅や伝染病の根絶など4つの分野について専門家と意見を交わし、自らの考えを言葉にして伝えることで、学びを深めた。

 三井住友信託銀行が平和や貧困、環境など地球規模の課題に取り組む人材を育成する「持続可能な開発のための教育(ESD)」の一環で2012年から全国で実施しており、16回目。県内では初めて開いた。

 飢餓撲滅では、国連世界食糧計画日本事務所広報官の飯塚恵氏が、「世界で生産された食糧の3分の1が廃棄されており、約20億人分に匹敵する。慢性的に飢餓に苦しんでいる人の2倍以上に相当する」と説明。

 製造や処分の過程で二酸化炭素も発生しており、「世界は分断されているわけではなく、自分たちの行動が、途上国の方の状況に影響をおよぼしているという考えをもってほしい」と語りかけた。

 参加した同中3年の森山一心さん(15)は「飢餓をなくすためには、教育機会の確保などいろんな課題を同時に解決しなければならないと分かった。専門的な視点からの話を聞けてよかった」と感想を述べた。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加