鳥栖ー浦和 後半17分、先制点を挙げ喜ぶ鳥栖FW山下敬大(手前)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム(撮影・鶴澤弘樹)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第2節第1日の6日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで浦和レッズと今季のホーム開幕戦を戦い、新加入のFW山下が2ゴールを挙げて2-0で快勝し、2015年以来6年ぶりの開幕2連勝を飾った。

 川崎は小林の2得点などで仙台に5―1で大勝し、開幕3連勝とした。FC東京は森重の決勝ゴールでC大阪に3―2で競り勝った。先制点を決めたC大阪の大久保は3試合連続ゴール。

 名古屋は札幌に1―0で勝って2連勝。大分は横浜FCを、柏は湘南をいずれも2―1で下した。清水―福岡、徳島―神戸は引き分けた。

 G大阪―鹿島は、G大阪に新型コロナウイルス陽性者が複数出たため中止となった。7日は横浜M―広島が行われる。

 鳥栖はリーグ戦第3節の10日午後7時から、ホームで仙台と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加