原子力災害時に甲状腺被ばくのリスクを減らす安定ヨウ素剤が28日、玄海原発周辺地域では初めて、唐津市呼子町の殿ノ浦西地区住民に配られた。来場者は想定より少なく、配布率は対象の3分の1どまり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加