日本中央競馬会(JRA)の調教師ら関係者が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAは6日、騎手13人を含む165人が受給し、総額は約1億8900万円に上るとする調査結果を公表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加