議員運営委員会で緊急事態宣言の再延長について質問した原口氏=衆議院

 立憲民主党の原口一博衆院議員(佐賀1区)が5日、議院運営委員会で質問に立ち、緊急事態宣言の再延長について政府の考えをただした。緊急宣言の基準の妥当性を問うと、西村康稔経済再生担当相は変異株やワクチン接種の状況に応じて「基準は変わり得る」との見解を示した。

 原口氏は、宣言が既に解除されている大阪府に関し「病床の逼迫(ひっぱく)率が厳しく、10万人当たりの死亡者数が高い」と指摘し、首都圏4都県で延長する理由を尋ねた。西村氏は「首都圏の特殊性として、人口密度や匿名性が高く感染源が分かりにくい」と述べ、各知事と情報共有した上での判断だと説明した。

 宣言の基準についても「現時点で基準変更は議論していない」とした上で、変異株の動向やワクチン接種の状況によって「変わり得る」と述べた。

 原口氏は質問の冒頭、「再延長を決断したのは総理。一番説明を聞きたいのは総理だが、なぜこの場におられないのか。納得できない」と述べ、対応を批判した。(山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加