菅義偉首相の記者会見の要旨は次の通り。

 【緊急事態宣言再延長】

 1都3県で緊急事態宣言を2週間延長し、21日までとすることを決定した。感染拡大を抑え込むと同時に状況をさらに慎重に見極めるために必要な期間だ。当初約束した7日までに解除することができず、大変申し訳ない思いだ。心よりおわびする。

 【検査態勢】

 高齢者施設でのクラスター発生を防ぐため、3月末までに約3万カ所の施設で検査を行う。無症状者のモニタリング検査を栃木県で開始しており、今後大都市でも規模を拡大して実施する。

 【水際対策】

 全ての帰国者、再入国者に対し、14日間の待機中は携帯電話の位置情報に加え、毎日テレビ電話で状況を確認する体制を整える。

 【変異株】

 今月から短時間で検出できる新たな方法の検査を全都道府県で実施し、国内の監視態勢を強化する。

 【Go To トラベル】

 当面の再開は難しい。今後、各地域の感染状況を踏まえ、専門家の意見を伺いながら判断する。

 【東京五輪・パラリンピック】

 海外からの観客受け入れの判断はまだこれからだ。変異株の影響や、国内外の感染状況を踏まえ、大会組織委員会など主催者の中で検討してもらいたい。

 【孤立・孤独対策】

 女性の非正規労働者や、新型コロナウイルス禍で孤独や孤立を抱える人に対して、早急に対策を検討し、今月中にもまとめる予定だ。

 【総務省幹部らの接待問題】

 官僚が国家公務員倫理法を守るのは当然だ。もう一度、各省庁で徹底させる。

このエントリーをはてなブックマークに追加