ベルリン国際映画祭の審査員大賞を受賞した浜口竜介監督の「偶然と想像」。インターネット配信された授賞発表の画面

 世界三大映画祭の一つ、第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門の各賞が5日発表され、浜口竜介監督(42)の「偶然と想像」が最高賞の金熊賞に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)に選ばれた。同映画祭での日本の受賞は映画「小さいおうち」で最優秀女優賞を獲得した俳優の黒木華さん以来7年ぶり。

 浜口監督が脚本も手掛けた3話の短編から成るオムニバス形式。平凡な人生に偶然起こるドラマチックな出来事を会話劇で描く。

 審査員は授賞理由を「普通なら対話や言葉が終わってしまう場面が、この映画では始まりにすぎない。あまりに深くまで到達するので見る者は驚き、困惑させられる」などとした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加