過去に地元で起きた地滑り災害について学ぶ児童たち=伊万里市の山代西小

 伊万里市山代(いまりしやましろ)町の山代(やましろ)西小で2月22日、過去(かこ)に地元で起きた大きな地滑(じすべ)り災害(さいがい)について、地域(ちいき)の人から話を聞く授業(じゅぎょう)がありました。児童は被害(ひがい)の様子を体験談や記録を通して知り、自然の恐(おそ)ろしさと防災(ぼうさい)の大切さを学びました。
 5、6年生18人が社会科の自然災害を学ぶというテーマで取り組みました。地元では1951(昭和26)年に乙女地区、57(同32)年に西大久保地区で大規模(だいきぼ)な地滑(じすべ)りがあり、双方(そうほう)合わせて死者10人、家屋埋没(まいぼつ)48戸の被害(ひがい)が出ました。現場(げんば)には、災害(さいがい)の記憶(きおく)を伝える石碑(せきひ)が立っています。
 授業(じゅぎょう)では区長らが講師(こうし)を務(つと)め、写真や証言(しょうげん)の記録を紹介(しょうかい)し、当時の様子を伝えました。実際(じっさい)に被災(ひさい)した西大久保地区区長の山口勝敏さん(76)は「ぶつぶつと木の根が切れるような音がして、石ころが転がり落ちてきたので見上げると山が揺(ゆ)れていた。それからあっという間に崩(くず)れてきた」と話しました。
 6年生の松永響典(きょうすけ)君は「地元で大きな災害(さいがい)が起きていたことを知ってびっくりした。こういうことがいつ起きてもすぐに避難(ひなん)できるようにしておきたい」と感想を語りました。(28日付19面・青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加