江戸時代の肥前吉田焼について、現代の吉田焼作家らが学ぶ会が、嬉野市の肥前吉田焼窯元会館であった。九州陶磁文化館の大橋康二名誉顧問が「肥前吉田焼の歴史」と題して講演。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加