バイオリンの岩永ゆりさん(左)とピアノの保坂奈月さんによるさぎんロビーコンサート=武雄市の佐賀銀行武雄支店

 武雄市の佐賀銀行武雄支店で4日、「さぎんロビーコンサート」が開かれた。バイオリンとピアノの優しい音色が広がり、季節にちなむ曲も重ねて春を運んだ。

 コロナ禍で演奏の機会が減っている音楽家を支援し、来店者に生の音楽を楽しんでもらおうと佐賀銀行文化財団が初めて企画した。

 約20人が集まったロビーで、バイオリンの岩永ゆりさん(嬉野市)とピアノの保坂奈月さん(長崎市)が、「赤いスイートピー」や「桜坂」など春を感じる曲や、イエスタデイ、サウンド・オブ・ミュージックメドレーなどを1時間にわたって披露した。

 たまたま来店して聞き入った女性は「久しぶりに生の演奏に触れることができた。お得な気分です」と笑顔。佐銀文化財団では今後も県内の大きな店舗でコンサートを行うことにしている。コロナで再度中断していた「ウェンズデイコンサート」も10日に県庁で再開する。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加