チーム強化支援金の目録をサガン・ドリームスの福岡淳二郎社長に贈呈するサニクリーン九州の後藤英知筑後営業部長(右)=鳥栖市のサガン・ドリームス

 サッカー・J1サガン鳥栖のオフィシャルスポンサーを務めるサニクリーン九州(本社・福岡市)は、「サガン鳥栖応援マット」の売上金の一部をチーム強化支援金としてサガン・ドリームスに贈った。

 同社は九州全域で地域プロスポーツを応援しており、サガン鳥栖に対してはスポンサーになった2017年から支援活動を始め、支援金の贈呈は4回目。応援マットにはカチガラスが翼を広げたチームのエンブレムが描かれ、事務所や店舗などの法人向けにレンタルしている。佐賀・福岡県内で約60件の取り扱いがある。

 同社の後藤英知筑後営業部長が2月24日に鳥栖市のサガン・ドリームスを訪れ、福岡淳二郎社長に目録を手渡し、「コロナ禍で今シーズンも厳しい状況が続くが、サガン鳥栖のパワーで地域を盛り上げてほしい」と激励した。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加