参院予算委で答弁する菅首相=4日午前

 菅義偉首相は4日の参院予算委員会で、首都圏4都県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について「国民の命と暮らしを守るため、2週間程度の延長が必要と考えている」と改めて国会で表明した。専門家の意見を聞いた上で最終判断するとも述べた。政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は、宣言を解除すれば感染再拡大の可能性が高いとして「正しい選択だ」との認識を示した。

 西村康稔経済再生担当相は再延長期間中に、感染再拡大の兆しをつかむ対策を整える方針を語った。「営業時間短縮を徹底し、繁華街でのモニタリング検査を準備する」と強調した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加