シングルス2回戦で勝利した錦織圭=ロッテルダム(共同)

 ABN・AMROワールド2回戦、アレックス・デミノー戦でポーズを取る錦織圭=3日、ロッテルダム(ゲッティ=共同)

 【ジュネーブ共同】男子テニスのABN・AMROワールドは3日、オランダのロッテルダムで行われ、シングルス2回戦で世界ランキング45位の錦織圭(日清食品)が世界23位のアレックス・デミノー(オーストラリア)に6―3、2―6、7―5で競り勝ち、ツアー大会で2シーズンぶりに8強入りを果たした。

 2019年7月のウィンブルドン選手権以来、約1年8カ月ぶりにベスト8入りした錦織は5日予定の準々決勝では、ドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)―ボルナ・チョリッチ(クロアチア)の勝者と当たる。

このエントリーをはてなブックマークに追加