いよいよデータ通信量20GBを基準としたスマホ新プランのスタート時期が近付いてきました。各社とも相手の出方を見て料金の下げ合い合戦が続いているようです。

 今年の1月の発表時点では、ドコモとソフトバンクが5分間の無料通話付きで月額2980円、KDDIが無料通話なしで2480円でしたが、その後各社とも料金の改正があっています。格安スマホの楽天モバイルやmineo(マイネオ)なども料金だけを見ると安いようです。

 新プランに変更する場合は、これまでの携帯メールアドレスは使えなくなるので、二段階認証に使用していないか、SNSやショッピングサイトなどのアカウントや本人確認メールに登録していないかなどのチェックが必要です。

 また、これまでの電話番号がそのまま使えるMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)を利用できるか、テザリングなどのサービスや家族割なども含めて検討されることをお勧めします。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加