佐賀県内の感染状況(2021年3月3日現在)

 佐賀県は3日、伊万里市の80代男性と佐賀市の60代女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。佐賀市にある情報通信関連の「ビジョン・フューチャー・ビジネスセンター」で同日までに計5人の陽性が確認され、県はクラスター(感染者集団)が発生したとの見解を示した。県内での感染確認は延べ1069人となった。

 県によると、佐賀市内の3店舗のカラオケ喫茶で発生しているクラスター関連での感染者数は1人増えて県内外で計50人。伊万里有田共立病院(西松浦郡有田町)のクラスター関連でも新たに1人が確認され、計14人になった。

 カラオケ喫茶関連の感染者は複数の店舗や施設を利用している傾向が見られるため、県は3店舗以外でもカラオケ喫茶を利用するなどして体調不良が気になる人も相談するよう呼び掛けることにした。2月14日以降の利用が対象で、教室や発表会などで複数でカラオケを利用した人らも含む。

 相談先は佐賀中部保健福祉事務所、電話0952(30)1325(午前8時半~午後5時)へ。各保健福祉事務所でも受け付ける。

 県教育委員会は3日、県立学校の部活動に関し、自粛を求めていた県外の学校やチームとの交流を6日から可能にすることを各校に通知したと発表した。(山本礼史、岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加