厚生労働省の新型コロナ専門家組織は、緊急事態宣言の対象となっている埼玉と千葉、東京、神奈川の4都県について「新規感染者の減少スピードが鈍化し、病床使用率の高い地域があるなど、医療提供体制が厳しい」と指摘した。

このエントリーをはてなブックマークに追加