鳥栖市は2日、福岡県の緊急事態宣言解除に伴い、公共施設の利用制限を5日から一部解除すると決めた。市民体育館や市内11カ所のまちづくり推進センターを対象に、1月25日から行っていた県外からの利用自粛要請や利用時間短縮(午後8時まで)を解除する。

 市内12小中学校の体育館と運動場は卒業、新入学シーズンを控え、解除を見送った。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加