4日に始まる女子ゴルフの国内ツアー今年初戦、ダイキン・オーキッド・レディースの主催者は3日、大会関係者の1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。保健所から選手、関係者に濃厚接触者はなしと判断されたため、予定通り観客を入れて大会を実施することを決めた。

 会場の沖縄県琉球GCは消毒作業のため出入りを禁止し、3日の公式練習を中止にした。有力選手の渋野日向子や鈴木愛、古江彩佳らが最終調整する予定だった。

 昨年の国内ツアーは男女とも無観客で実施。今大会は一昨年の最終戦以来、1年3カ月ぶりに観客を入れて開催する予定をしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加