世界文化遺産登録を目指す佐賀市川副町の三重津海軍所跡で9月27日、地元住民らが清掃活動を行った。国際記念物遺跡会議(イコモス)の専門家の現地調査を3日に控え、区域内に流れ着いたゴミなどを丹念に拾った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加