昭和フードの本多広知専務(中央)から特別招待券を受け取った桐野髙明理事長(右から2人目)ら=佐賀市嘉瀬町の佐賀県医療センター好生館

 コロナ禍で奮闘する医療従事者を支援しようと、佐賀、福岡、長崎の3県でファストフード「マクドナルド」を展開している昭和フード(佐賀市)が1日、佐賀市嘉瀬町の佐賀県医療センター好生館に特別招待券1500セットを贈った。

 贈呈式では、同社の本多広知専務が「皆さまのおかげで地域医療が支えられている。少しでもひとときの安らぎとなれば」とあいさつし、桐野髙明理事長に招待券を手渡した。桐野理事長は「われわれのことを気遣っていただき、ありがたい」と話し、感謝状を贈った。

 特別招待券は、佐賀県内の同社の店舗で使うことができ、提供メニューの中から好きなセットを一つ選べる。

 昭和フードは好生館のほかにも、県内4カ所の感染症指定医療機関に招待券を寄付した。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加